財形住宅融資って何?

財形貯蓄なんていうのは結構身近な感じがしますが、財形住宅融資というのは何ぞや?という感じでした。
今回はその財形住宅融資を調べ、フラット35と比較してみようと思います。
まず財形住宅融資とは、一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄などの貯蓄系のどれかを1年以上利用していて、かつ50万円以上の残高を保有している人が受けることができる融資です。
ポイントとしては5年固定金利なので、5年ごとに適用金利の見直しがあり、これは全期間固定金利のフラット35とかなり違う点ですね。
もうひとつ重要なポイントとして、借入金額について貯蓄系合計残高の10倍まで、かつ最高4000万円までという結構な縛りがあるので、その点注意しておかなくてはなりません。
フラット35と比べると低い印象です。
これだけでは足りない!という人は、この他の民間ローンやフラット35との併用も可能だそうですよ。