住宅ローンを考える前に家族で相談すべきこととは?

人生の中で最も大きな買いもになるのが、住宅です。
多くの人が新しくてきれいな家に住みたいと考えることでしょう。
そして、世間一般の意識としても、住宅ローンを組んで、家を購入するのは至極当然のことと考えられています。
賃貸で、払い続けるくらいなら、ローンを組んで持ち家を得るというのも確かに正解です。
また現状として、住宅ローンは一定の審査があるものの、頭金やボーナス返済を組み込むことで、多くの人は組めるようになっています。
しかし、本当は住宅ローンを組むかどうかの前に、家族で相談しておくべきことがあります。
それは、自分たちのライフスタイルと収入のバランスが本当に安定して継続することができるのかということです。
実際問題として、収入が減った場合には、そのローンが生活を苦しめる場合もありえます。
そうならないために、自分達の生活スタイルはどこまで妥協できて、何を最も重視するのかを考えた上で、無理に新築にこだわるのではなく、中古物件や建売など、できる限り選択肢を広げた状態で、検討することをお勧めします。